お七夜報恩講
三重県津市一身田に、専修寺(せんじゅじ)という
お寺があります。

ここは、真宗高田派の総本山であり、
ドンちゃん達は、高田本山って呼んでいます。

この高田本山の報恩講は宗祖聖人(親鸞)のご遷化の日である
1月16日(旧暦11月28日)の御正忌をご縁として勤められるそうです。

年間の諸法会の中でも、最も重い法会らしく、
7昼夜にわたって勤められるところから、お七夜報恩講と呼ばれています。

全国から、この“お七夜報恩講”には沢山の方々が集まるらしく、
露店や地元の商店の方々の出店等で盛り上がるそうです。
(ちなみに、ドンちゃんの宗派は違うので、良くは知らないのですがw)

この“お七夜報恩講”に、ひょんなことから縁があって、明日から3日間、
ポン菓子の出店をさせていただくことになってます^^

なので今日は、明日からの出店に備えて、
小売用のポン菓子を、作成することにしました。

例のごとく、近所の中部台公園で作ってたんだけど、
冬の公園って寂しいですね~^^;

午前中は風も結構強かったし、人影もまばらで・・・

お陰様で、ポン菓子を作ることだけに専念することが出来て、
マカロニポン菓子が大量に出来ました。

ただ、あまりにも寂しかったので、
午後からは一志町方面に移動し、
実演販売をしながら作ることに。

一志団地の中にある公園で、
小学生のお子様達とワイワイ騒ぎながら
ポン菓子を作成していると、

近所の奥様方や、仕事帰りの方々が集まってくれて、
公園の雰囲気とは全く違う不雰囲気の中で、
お仕事をすることが出来ました^^

公園でポン菓子を買ってくれた皆さん、
一志団地の皆さん、
本当にありがとうございました!!

明日の“お七夜”は、初体験なので、
どうなるか不安ですが、頑張ってきますね~

ではでは~♪
スポンサーサイト



[ 2010/01/08 23:49 ]

活動報告 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |